竜馬がゆく

2010.03.17 Wednesday

いまさらですが読み始めました。実家の本棚にあったので引っ張り出してきました。

父が20年くらい前に買った文庫なので古いです。そういえば、日本の竜馬人気はこの小説からだっていう話だけど、ほんと?




【読了】卒業 東野圭吾著

2010.02.27 Saturday

先週温泉に行った時に母からまわって来た本。

トリックが面倒くさくて、図解もあったのですが、その辺りは飛ばして、なぜ事件が起ったのか、という登場人物周辺の人間関係を理解して終了。

後で母に、「トリックちゃんと読んだ?」と聞いたら、「んなわけないじゃん。」とあっさり。



【読了】ほかならぬ人へ 白石一文著

2010.02.13 Saturday

白石一文のほかならぬ人へを読みました。21時過ぎに読み始めて、さっき読み終わったところ。かなりさらさらっと読めます。

「ベストの相手が見つかったときは、この人に間違いないっていう明らかな証拠があるんだ」という主人公の台詞が心に残りました。

もう一つ、かけがえのない人へというお話も入っています。全く別のお話ですが、根本的なテーマが一緒。




【読書中】ニューヨークの解けない魔法 岡田光世著

2010.02.08 Monday

ニューヨークでの著者の生活や体験が書かれたハートウォーミングなエッセイ集。1つのお話が2〜3ページと、ちょこちょこ読みにぴったり。あと、必ず英語の言い回しがお話ごとに紹介されていて、ためになります。




【読了】ハサミ男 殊能 将之著

2010.02.07 Sunday

500ページほどの分厚めの文庫本だったのですが、先が気になってすぐ読み終わっちゃいました。終わり4分の1くらいで、あれ?あれれれ?となり、ちょっと混乱。なかなか面白かったですー。

これ、数年前に映画化されているのですが、どうやって映像化したんだろう?? 小説だからこそ楽しめる要素満載なのですが。気になります。




【読書中】ハサミ男 殊能 将之著

2010.02.05 Friday

オチがめちゃめちゃびっくりする日本の小説教えてでおすすめされていた殊能将之のハサミ男を読み始めました。

あんまり「オチがビックリするんだ」と思って読むと、期待はずれになる事があるので、なんにも考えずに読み進めてますが、面白いです。すらすら読める〜

ま、普段から何も考えずにミステリーものを読む派なので、どっちにしろびっくりするかも。




【読了】夜は満ちる 小池 真理子著

2010.02.05 Friday

小池真理子の短編集・夜は満ちる読み終わりました。

怖い話がいくつかありました。怖がりの人は夜一人で読むとびくっとなります。




ぐるんぱ!

2010.02.03 Wednesday



大好きな絵本のひとつ、ぐるんぱのようちえん

そのぐるんぱがぬいぐるみになってAntiqueshowに入荷してました。かわいい!




【読書中】夜は満ちる 小池 真理子著

2010.02.02 Tuesday

大学時代に、直木賞受賞作のを読んで以来、小池真理子は好きな作家の一人。 今読んでいる夜は満ちるは短編集なので、毎日1〜2作ずつ読んでます。

ちょっと怖いです。一話目は、読み終わって「ひぇぇ〜っ。」ってなりました。



【読書中】Skinny Bitch / Kim Barnouin, Rory Freedman

2010.02.01 Monday

日本語版は読んだのですが、英語版のほうがかなり過激だと言う話を聞いたのと、こういう本って、たまに読み返さないと効果がないので、英語版で再読中です。

日本語版の感想記事はこちら
http://beel.jugem.jp/?eid=697



「いつまでそんなもん口に入れてる気? このバカ女!!」
ってな感じの文章も… 確かに過激かも。





calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

selected entries

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode