偽善エコロジー ―「環境生活」が地球を破壊する/武田 邦彦

2008.07.12 Saturday

偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書 (た-5-1))
偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書 (た-5-1)) 武田 邦彦

冷房を28度に設定しても温暖化はとめられない、ペットボトルは再利用されずにほぼ燃やされている、リサイクル紙は漂白や廃液処理に大量の石油を使う、割り箸を使わなくなると、端材の使い道が消え森林が荒れ放題に・・・などなど、ここ最近のエコブームでもてはやされている事をいろいろと批判、間違いを指摘した本。

著書の武田邦彦氏は中部大学の教授。最近テレビでもよくお見かけします。

環境のためには何が一番いいのか、いったい何を信じればいいのか分からなくなってしまいそうな内容ですが、一度目を通しておきたいなと思います。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2008/07/12 7:31 PM

コメントする





   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

selected entries

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode