つけまつげ

2012.01.12 Thursday

最近利用者が激増しているつけまつげ。 つけてるほうが普通なくらいになってきたので私も、お友達にアドバイスもらいながらがんばって導入してます。

エクステのほうがやはり自然に見えるけれど、高い&洗顔がしっかり出来ない等の理由からつけまつげ派が増えているみたい。あとエクステだと地毛に負担がかかるというのもありますね。

最初は全然上手につけられなくてあきらめ気味でしたが、ちょっと練習したらだいぶ早くつけられるようになった!やっぱり根気よくやってみるのが大事ですね。

最初は目尻に1センチくらいの幅をつけるだけでしたが、最近は目頭側の黒目くらいから目尻の長さのものもつけられるようになってきました。


▼私も最初に教えてもらった、初心者におすすめの目尻用





▼次に挑戦したのが目全体の半分より少し長いくらいのもの。




▼そして今日挑戦してみたのが、目全体に使うタイプのもの。


目頭ぎりぎりにつけると、痛いのでかならず2mmくらい目頭から離れるくらいの長さで使うようにかいてありますが、私は2mm程度ではまだかなり違和感があり、結局目頭側の白目分、切りました。(なので最終的な長さが目尻から黒目までになった。)

この商品は、自然でオフィス使用でも大丈夫、と雑誌で紹介されていたもの。ドラッグストアで手軽に手に入ります。つけた感じ、そんなに派手にならず、確かに仕事でも大丈夫そう。



▼そして重要なのがつけまつげをつけるのり。


ネットなどの口コミでもダントツでコレが人気なのですが、私はいつもお世話になっているWwishのブログで紹介されているのをみて購入。(ありがとうございまーす!)

つけまつげに付属のものではなく、これを使うようになって上手につけられるようになりました。(ちなみにこれのミニ版がついてくるつけまつげもあります)

説明には、つけまつげにのりを塗り、乾いてから目にのせるようにとありますが(そうしないとくっつきすぎてしまうらしい)あんまり乾いてからだと位置の調整が難しいので、乾かないうちにのせちゃってます。


【アイラインが先か、つけまつげが先か…】
私はアイラインが先。乗せる時の目安になるときいたので… でもアイラインより先の方が、接着がいいらしい。


【つけまつげのとりはずし】
以前は洗顔前にぺりぺりっとはがしてましたが、最近はまぶたが引っ張られると負担になるかもと感じて、クレンジングオイルでメイク落としするときに、つけまつげをつけたまま、まつげの上からじわーっとオイルをなじませ、自然にするりととれるのを待つ、というとりはずし方をしています。ついでにつけまつげについた接着剤やマスカラも落として洗いますー。


似合うor似合わない、使いやすいor使い難い、などなど、いろいろあるので、私ももっと試してみます。



関連する記事
コメント

コメントする





   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

selected entries

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode